【シミ対策】純ハイドロキノン5%とレチノール1%を使用した結果に驚いた!【後編】

美容
アキゾラ
アキゾラ

どうもこんにちは。アキゾラです。

シミ(や肝斑?)に対して純ハイドロキノン5%とレチノール1%を使用した対策を行っています。

今回はこのシミ対策の後編、ハイドロキノンとレチノールの併用を終了した後からの、ハイドロキノン単体使用1か月の経過と最終結果です。

前編は、こちら↓。

やり方などはざっくり本ポストにも記載していますが、詳しいことは前編の方を参照ください。

結果をすぐに知りたい方は、純ハイドロキノン5%とレチノール1%のクリームのシミに対する効果、最終結果【写真】へどうぞ。

アキゾラ
アキゾラ

先に言っておくと、肌汚いので、写真は汚肌耐性のない人にとってはグロ注意となりますご了承ください。

以下でご紹介するものは、アキゾラの体験談であり、効果の保証や、使用を推奨するものではありません。いずれも使うクリームは濃度高め(特にレチノール)なので、使用感など個人差もあるでしょうし、やり方が正しいかどうか含めて保証はできませんので、試してみる場合は自己責任でお願いいたします。事前にパッチテストは行った方がいいと思います。基本は、クリニックできちんと診察を受けて処方してもらって対応した方がよいかと思います。

 

スポンサーリンク

シミに使用した純ハイドロキノン5%とレチノール1%のクリーム(おさらい)

このシミ対策は、皮膚科とかでやるシミ対策と同じようなことを市販品(海外品ありだけど)でやってみるっていう試みです。

アキゾラが使用したハイドロキノンは旭研究所の純ハイドロキノン5%のクリームです。

前半戦で併用使用していたレチノールは以下のLife-floのレチノールA 1%です。こっちは海外産です。

 

アキゾラ
アキゾラ

それぞれのクリーム選んだ経緯などは前編を参照ください。軽く使用感などもそちらに載せています。

ということで、これらを使用してシミや肝斑の治療として美容皮膚科で行われるもの(トレチノイン(これをレチノールで代用)×ハイドロキノンの併用)と同じような形をとってみました。(自己責任)

念のため、シミ対策におけるハイドロキノンとレチノールそれぞれの効果は以下になります。

ハイドロキノン:メラニンの還元、抑制

レチノール:肌のターンオーバーを促す

 

アキゾラの純ハイドロキノン5%とレチノール1%のクリームの使い方(おさらい)

以下のような感じが基本のケアで、毎朝毎晩で、シミ(肝斑かも)に対して1日2回でケアをしました。

シミへのケア
  1. 洗顔後に手作りビタミンC誘導体化粧水とセラミド化粧水、プラセンタ美容液で美顔器にてイオン導入ちっくなこと。(朝は美顔器は不使用、めんどいのでw)
  2. ↑が完全に乾いた後、レチノールクリームをシミに塗る(綿棒使って、できるだけシミだけに塗る)。
  3. ↑が乾いた後、ハイドロキノンクリームをシミの気になるところに塗り込む(もわっとシミ回りに)。
  4. 少し経って馴染んで?から、ヒアルロン酸美容液とクリーム(アキゾラは普段から使用しているヘパリン類似物質配合のもの)を顔全体に。

・・・なんだけど、ハイドロキノンだけにした後半1か月は、結局以下のような流れでケアを行ってます。

シミへのケア(後半編)
  1. 洗顔後に手作りビタミンC誘導体化粧水とセラミド化粧水、プラセンタ美容液、ヒアルロン酸美容液で美顔器にてイオン導入ちっくなこと。(朝は美顔器は不使用、めんどいのでw)
  2. ↑が乾いた後、ハイドロキノンクリームをシミの気になるところに塗り込む(もわっとシミ回りに)。
  3. 少し経って馴染んで?から、クリーム(アキゾラは普段から使用しているヘパリン類似物質配合のもの+夜はレチノールクリーム混ぜる)を顔全体に。

この方法は、以下のクリニックで示されていたものを参考にさせてもらっています。

肝斑などのシミに対するトレチノイン・ハイドロキノン併用療法

他のクリニックもいくつも確認しましたが、大体この流れが多かったです。

はじめの1か月はレチノールとハイドロキノンの併用です、これが終わると、レチノールの使用をやめてハイドロキノンのみで1か月ケアする工程に入ります。

今回の後編では、レチノールとハイドロキノン併用を終えた後である、ハイドロキノンの使用のみを行った1か月の経過を含む最終結果となっております。

アキゾラ
アキゾラ

とはいっても、レチノールは濃度を下げて保湿クリームに混ぜ、夜に全顔使用を続けています。シミケアというよりも、しわやハリ、毛穴ケア的な目的です。(実はそっちの方が深刻な汚肌)

 

純ハイドロキノン5%クリームを使った経過【単体使用編】

レチノールとの併用時ははじめなかなかきつかったところもあったけど、ハイドロキノン単体になるとそこまで目立った衝撃はありませんでしたので、1週間単位でその時に感じていたことを書いてみます。

レチノールとの併用終了後、ハイドロキノン単体使用 1週間頃まで

肌の白さというか、明るさはレチノールとハイドロキノン併用中から感じていますが、それが安定してさらに高まるような感じはしてきました。

ただ、併用中に消えていたシミが出てきたのか、自分が気にしすぎなのか分からないんだけど、「あーここまたシミがあるの、分かるようになってきた」って部分が出てきた。主に頬。

これは新たなモノって感じではない、前あったやつ!って感じのもの。

レチノールとの併用中はいわゆる治療期間で、この後半戦ハイドロキノン単体使用は、炎症をさましていく期間です。

この期間になると、皮向けが続いていたレチノールの炎症がおさまってきて肌が落ち着いてくるので、ちょっと見えてくるものもあるのかな?と思ったり。

肌が白くなってきてるというかトーンが明るくなっているので、相対的にシミが目立つというところもありそうだけど、、レチノール期間、もう少し継続した方がよかったかなぁなんて思いながら、まぁもう今回はこのまま進んでどうなるか確認することにw

レチノール自体にはメラニンの還元作用はありません。ターンオーバーを促してバーっと一気に肌を一新させていくけど、その後そのシミのメラニンを薄くする作用は、ハイドロキノン頼りなんですよね。

ハイドロキノンで薄くなる前にはいったんシミが濃くなるみたいな話もあるし、レチノールする前に4日間だけハイドロキノン単体で使っていた時にもなんか少しシミが濃くなった感じがあったので、そういうことなのかなとも思いつつの、1週間目w

アキゾラ
アキゾラ

若干ハイドロキノンの効果を疑ったりもしたけど、ここまで来たらもうこのままいく。うん。信じてるぞハイドロキノン。

レチノールとの併用終了後、ハイドロキノン単体使用 2週間頃まで

シミはまた出てきたか?!という微妙な感触からあんまり変わらないんだけど、口の横のところの色素沈着がさらに薄くなったような気がしてきたこの頃。

後述しますが、色素沈着系は消えれば基本再発ないらしいので、これはマジで期待したい、と内心。

あと、鼻のところのシミも微妙に薄くなっているような気はする。ただ頬のところのシミは1週目からあまり変化なし。

アキゾラ
アキゾラ

シミやそばかすなどの種類の違いもあるのかなぁ。ぶっちゃけ、それぞれ何かはっきりわかってないからねw

レチノールとの併用終了後、ハイドロキノン単体使用 3週間頃まで

この間は2週間目からあんまり変化なし。

ちょっと生活のリズムが変わってスキンケアがおろそかになりがちだった1週間。

日中、直射日光にがっつり当たることはなかったんだけど、日焼け止めなしで外にいる時間もそれなりにあったりして、これはちょっとよくなかったとマジで反省している・・・。

ハイドロキノンやレチノールを使用している間は、特に日焼けダメです。余計にシミになるそうですので・・。

アキゾラ
アキゾラ

あと1週間で約1か月が終わるのだが、最後に気を抜いてしまった感ありあり。

スキンケアがおろそかになったこともあるし、後半からは生理周期の関係で肌荒れ気味になりだし、正直低調な状態。

レチノールとの併用終了後、ハイドロキノン単体使用 4週間すぎの1か月まで

ついにこの1ターン最後の週は、また肌の調子が戻ってきて比較的いい感じに。

それに伴って、また出てきた疑惑のシミもすこーしまた薄くなったか?という気もするけど、なんかずっと見てるからだんだんよく分からなくなってくるw

まぁでも、ハイドロキノン単体になってからは、なんかそこまで驚きの変化は感じなかったですね。

アキゾラ
アキゾラ

やっと終わった!なんか嬉しい!という開放感がすごいですw

これ、あと1か月くらいやってみた方がいいんじゃないの?と思ったりするんだけど、とりあえず、今あるハイドロキノンがなくなるまで、夜だけ使おうかなと思ってます。

アキゾラ
アキゾラ

肌のターンオーバー周期を考えると、ハイドロキノンだけになってからMAXで2か月あればハイドロキノンによる変化がちゃんと見えるように思う。ターンオーバー遅れてると、1か月じゃ変化はまだ微妙かもだと思うわけです。

まぁアキゾラはレチノールもほそぼそ使い続けているので、そんなに自分のターンオーバー周期が遅くなっていると思いたくはないんだけどw

正直、だんだん日差しも強くなってきたので、朝もしっかり塗って通常よりもシビアに紫外線に気を使わなあかん生活に疲れたよー!が本音w 日焼け止め塗ってても、なんかやっぱり朝もハイドロキノン塗ってると心配度が高くて、心理的ストレスなんですよね。

これ春から夏はやるのはホント厳しいですね、うん。

 

純ハイドロキノン5%とレチノール1%のクリームのシミに対する効果、最終結果【写真】

さぁ、レチノール+ハイドロキノン併用の1ターンを終えて、どこまで変化があったでしょうか?

一番初めのしょっぱなの開始時からの1か月ごとの変化をどうぞ。

ちなみに、全て同じ場所で同じ時間帯、なるべく同じような明るさで撮影しています。

まずは、メインの頬のところ。

どうだろうか、レチノールとの併用期間である3月から4月の変化は結構すごいけど、ハイドロキノン単体にした4月から5月の変化はそこまででもないかなと思います。

個人的には、右側の外側の方、ちょっともわっとした肝斑みたいなのが復活しているような感じがあります、これがまた出てきた・・みたいなやつ。

でもまぁさらにちょっと薄くなっているように見えるところもあるし、とんとんかなぁ。

左の目尻近くにあるやつは、最初シミとあまり区別つかなかったけど、これだけ全然反応しないのでどうやらホクロだったのかというところw

頬もそうだけど、こうやってみると鼻のシミが結構改善されましたね。鼻ってあんまりレチノールでも皮むけしなかったし、どうなんだと思ってたけどちゃんとシミ薄くなった。

アキゾラ
アキゾラ

あとは、毛穴や肌のハリといった全般の変化がでかいと思います。

次は、口の横側の色素沈着。

ここは最初から見るとだいぶ薄くなったけど、4月から5月ではあまり変化がなかったです。自分ではちょっとさらに薄くなったような気がしてたけど、、写真で見ると変わってないですねw

最後はおでこのたぶんホクロだと思うやつ。

これはずっと変わらなかったですw

でも、このおでこの写真で思うのは、シミというよりも、うっすらあるしわが薄くなってきたかも!というところに気づきましたw

ちなみに、残念ではありますが、基本的にはいわゆる加齢によるシミや、そばかすは外用をやめると再発するそうです。(えぇ・・・)

肝斑はほとんどの場合気にならない程度にまで薄くなる、または完全に消失するものもあり、誘発要因があれば再発するとか。

ニキビ跡とかの色素沈着などであれば再発はないらしい。

・・・とりあえず、できるだけ再発しないように日常のケアが大事ですね涙

アキゾラ
アキゾラ

今あるものが再発するとしてもだ、しっかりケアしてできるだけ新たにシミができないようにさえすれば、今後は今あるシミと定期的に戦えばいいということか・・。(知らんけど)

真剣に悩ましいシミがある場合は、レーザーも考える方がいいのかもしれませんね。これやって、それでも消えなかったのはレーザーとかもありかな。

2ターン、3ターンとやると効果がさらに期待できるようなので、1ターンで微妙だった場合でも、さらに続けるといける可能性はあるのかなと思います。

 

シミに対するアプローチ、その他

ちなみになんですが、このケア以外に、アキゾラがシミに対して効果があるかも?の行っているアプローチといえば、以下です。でも実感としては、よくわからんっていうやつw

シミに対するアプローチその他
  • IPL光脱毛器を使用したフォトフェイシャル的なスキンケア
  • 日常的にビタミンC(サプリメント)を摂取(結構とっている方?最低3,000㎎/日は必ずとってる)

これらがどこまで効果があったかは分かりませんが。

IPL光脱毛器によるフォトフェイシャルもどきなスキンケアはこのシミケアの少し前にやり始めました。

アキゾラ
アキゾラ

しかし、レチノールで皮むけ赤みのひどかった期間はやらなかったです。

これはシミより、毛穴とか肌のトーンを整えることの効果があるように感じます。

肌のターンオーバーを促すというところではレチノールとの相乗効果的な感じにもなっているのかな?という気もしますが、まぁ家庭用IPLですし、どこまで効果があるか、、、今後も継続していくつもりですが。

こちらもよければどうぞ。

ビタミンCに関しては、数年前から継続してずっと飲んでいます。(一時はほんとひどく飲んでいたw)

大抵、1日1,000㎎目安、みたいな感じでサプリメント展開されてますが、気づいたときにちょいちょい飲んでるんです。1回1,000㎎でw

ビタミンCは水溶性ビタミンなので、不要な分は体から出ていきます。基本的には1日10gみたいにアホほどとらなければ大丈夫と言われてたりしますが、アキゾラは体の中のビタミンC濃度を切らさないようにみたいなノリで、ちょこちょこ飲むんですね。少なくとも3食後は必ず。

アキゾラ
アキゾラ

なぜか、ビタミンC信者なところがありまして・・・w 特にこれ効果などを主張して広めるつもりもないんで、飲んでるんですよっていうご報告だけw

はい、で、これ数年やってますがシミが薄くなるような感じは特になかったので、このビタミンC大量(?)摂取単体ですでにあるシミに対する効果はあまりないかなと考えてますw

飲まなかったらどうなのか、それは分からないんで、もっとひどくシミができるのを少しでも防いでくれているかもしれませんし、ビタミンCを内服していることでなんらか今回のシミ対策に相乗効果になった可能性もゼロではないのかなwわからんw

これもシミうんうんとは関係なく、今後も続けますw

また、逆に今回手を出さなかったものでシミや肝斑の対策で有名どころといえば、トラネキサム酸ですかね?

これは昔クリニックのイオン導入でちょっとやってましたが、効果があったのかはよく分からなかったけど、内服もあるんですよね。

アキゾラ
アキゾラ

まぁ当時効果がよく分からなかったのはイオン導入する頻度の問題があったというのも大きそうと思ってます。

これも一緒にやったらもっと効果があるのかなー?どうでしょう?

アキゾラはピル飲んでいるので、血栓とかの関係でトラネキサム酸の内服についてはやめた方がいいと思ってるんで、使うなら外用ですが。

でも、できてしまったシミについての効果っていうより、シミがなるべくできないようにするっていう方向ですよねたぶん。肝斑に特化って感じなのかな。

今後気が向いたらこれも考えるかもしれませんが、あんまり触手が伸びてませんw

 

まとめ

【シミ対策】純ハイドロキノン5%とレチノール1%を使用した結果に驚いた!【後編】、でした。

最終結果ですが、ハイドロキノンとレチノール併用時点でかなりシミが減ってましたが、ハイドロキノン単体で使い続けて1か月、ここはそんなに違いがなかったかなぁ。

むしろ、レチノール使っている期間かなり薄くなってほぼ見えなくなってたシミが、また少し出てきたように思うっていうね。。ほんと少しだけど。

個人的には、少しレチノールの期間が短かった可能性もあるかな?と思ったりしています。

アキゾラ
アキゾラ

1.5か月とかがっつりやったほうがよかったかなー。

トレチノインじゃないっていうところも少し影響あるかな?とも思うけど、レチノイド反応はそれなりにがっつり出てたし、レチノールでも効果としては問題なかったようには思っているんだけど。トーシロー判断ですが。

とはいえ、アキゾラ的にはかなり満足した結果でございました。

正直、レーザーしないとシミなんか取れないんじゃね?と思ってたので、外用で効果あるんだってのにびっくりです。なめてましたすみません。

ハイドロキノンを継続して使うかは、今のところやめとこうかなと思ってます。

今更ですがハイドロキノンの発がん性などについても気にしていないわけじゃないので、日常のケアでずっと使うならもう少し濃度下げた方がいいような気がしてます。

とはいえ、ハイドロキノンは長期使用OKとしているものもあれば、低濃度(2%程度)でも、ずっと使うのはまずいというのも見かけるので、ちょっと判断に迷います。

いわゆるシミへの有効成分的なものの中で、気軽な値段で買える中では効果は高いものと思うので、シミ予防という点でも使いたいなと思ってるけど、まぁずっと使うのはやめようかなと。

日常的にはビタミンC誘導体とかでケア頑張る方が無難かな?あ、あとナイアシンアミドをこれから使ってみる予定です。

レチノールは前述の通り、濃度を下げて毎日使用です。

気合を入れて2クール目をやろうかどうかは、お休み期間を経て肌の調子見て考えますw

まぁもう夏も近いし、やるとしても秋入ってからですかね。

でも、2クール目やるならレチノールじゃなくてトレチノインで濃度高めなの使った方が効果ありそうかな?と思ったりもしてます。

日常的にレチノール使うとある程度の耐性はあるだろうし。

まぁ2クール目は、また全体的にシミが濃くなってきてしまったらやろうかな、と。

できるだけそうならないように、日常的なケア頑張ってみるけど!

ではでは!

美容
スポンサーリンク

twitterぽつぽつ好きなことつぶやいたりします。

ランキング参加中です。
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村
この記事を書いた人
アキゾラ

30代 独身女子。
プログラマとして働きながら、主にインデックス投資による資産運用実践中。
趣味は筋トレ、特に尻トレをメインに筋トレtipsを研究、発信中。筋トレインストラクター資格保有。
資産運用のこと(主に状況報告)、筋トレや美容、たまにプログラマ関連のこと綴ってます。
気になったことや好きなことはとことん調べて勉強していくタイプですが、飽きるとそっぽ向きますw

アキゾラをフォローする
アキゾラをフォローする
筋トレしながら資産運用するアキゾラブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました