【ハイヒール】パンプスを履くときのおすすめグッズ6選!【必需品】

お買い物
スポンサーリンク

どうもみなさま。高いヒール大好きアキゾラです。

パンプスやヒールのある靴、サンダルなどを履くときの必需品をまとめました。

普段8㎝~10㎝程度のヒールを履いているアキゾラおすすめのグッズだち。このグッズたちがないと、アキゾラは10㎝超えを日常で履くのは不可能に近いですw

ヒールのある靴、パンプスを履きたいんだけど痛くなっちゃうし、すぐ脱げるし、靴擦れするし、などなどのお悩み解消グッズ、方法です!

スポンサーリンク

1.足裏が焼けるように痛い・・・それならジェルインソール

筆頭に上がる必需品グッズは、ジェルインソールです。

ただし、100均などで売っている通常の均一な厚みのジェル状ハーフインソールは全然役に立ちません。

これ、形状が重要なんです。

ハイヒールは、ヒールの高さが高くなるほど、前部分に全体重がかかり、負担が大きくなります。

これによって親指側の下のところ、母指球付近だったり、小指の方の下のところ、小指球が痛くなったりしてきます。この辺は個人の体重のかけ方とか歩き方によるところもあると思います。

この痛みをマジで改善してくれるのが、中心部分がぷくっと膨らんだジェルインソールです。

アキゾラが愛用しているのは、以下のもの。

使い方は簡単で、靴を履いた時に親指の下あたり、自分の全体重がかかる位置(これちゃんと確認して貼ってくださいね)あたりにこれを張ります。

この商品は粘着力ありますが、張り直しできるタイプなので、試行錯誤しながらでもベストな位置を探ってください!

アキゾラは、親指の下のところがヤバい痛くなるので、そこにあたるように若干親指寄りに貼りますが、このぷくっとしたところががっつりその場所に来る必要はなく、真ん中あたりでも大丈夫だと思います。

これね、このジェルの厚みがあることで、足裏のアーチを保って負荷分散という感じで効果を発揮しているんじゃないかと思いますわ。

これについては、以前ご紹介していますので、こちらも参考に。実際にアキゾラがどのあたりに貼っているかも写真載せてます。

これによって本当にかなり楽になりますよ。足裏が痛い、特に前部分が痛くなる人、だまされたと思ってこの形の使ってみてください

少し注意としては、これを入れることでちょっと前部分が狭くなりますので、すでにぴったりとか、深めのパンプスだったりする場合は、靴の方を広げるとか、そういう工夫も必要になる場合も。

 

スポンサーリンク

2.ヒールの傾斜によって足が前に滑る・・・それなら耐震マット(ジェル)

高いヒールを履いていると、足が前滑りします。

これによって、サイズが小さいわけじゃないのに、歩いているうちに前に滑っていくことで前側にぐっと足が入り込むようになり、パカパカしてきたり、それどころかつま先が当たって激痛という悲劇が起こるのも、ヒールあるある。

ヒールが8㎝以上になるとこの傾向はかなり顕著に出てきます、アキゾラは過去に親指の爪が内出血で黒くなった経験があります(もちろん歩いている時も激痛すぎてむしろ腹が立ってくるw)

これなると、なっかなか治らない!半年?もしくはそれ以上黒い爪とお付き合いになります。しばらくヒールも履かない方がいいし・・・。

ということで、こんな悲劇を防ぐのが、耐震マットです!

耐震マットって、物が地震などで倒れないように下に敷く、アレです。

これを、かかとよりも少し前側、かかとと土踏まずの間あたりに置きます。

そうすると、靴の中での前滑りを防いでくれます。

これは百均とかに普通にあるんで、そういうので全然大丈夫。

アキゾラは、大体、4㎝四方の四角いやつで厚さ3ミリくらいの厚さの透明なやつを使ってます。

丸形とか、もう少し厚いのとかもある。ここにはあんまり厚みは不要だと思うんで、3ミリでOKだと思います。逆に厚すぎると違和感あると思います。

こちらの弱点としては、靴を脱ぐ場面では、透明とはいえ、結構しっかり見えてしまうことw

まぁでも耐震マットはそんなに粘着力があるものじゃないので(くっつくけど、シールって感じじゃない)、つけ外しは割と簡単です。見えるのが嫌なのであれば、靴を脱ぐちょっと前に事前に外しておくとかも可能だと思います。

アキゾラはそのままですけどw

つけ外しがきくので、汚れたら洗うのも簡単です!安いので使い捨てでも全然OKですけどね!

 

スポンサーリンク

3.かかとがパカパカしてしまう・・・それなら靴擦れ防止パッド

続いて、パンプスってサイズがそんなに大きいわけじゃないはずなんだけど、かかとがパカパカしてしまう場合があります。

自分のかかとのカーブとか大きさとパンプスの形状があってなかったりするとこの現象が起こります。

これが起きるとかなり歩きづらい!むしろ歩けない!

これを解決するのには、かかとの内側に貼るタイプの靴擦れ防止パッドです。

これも、色々な種類が出てますが、粘着力が弱いものは歩いて擦れてる間に剥がれてきて使い物になりません。

よって、ジェル、シリコン系の貼って剥がせるタイプはやめた方がよいです。

それで事足りる人は、それでもOKなんですが、アキゾラはズレてしまってダメです。

アキゾラが使っているのは、粘着力がものすごい強力なもの。

一度貼ったら剥がせないと思った方がいいレベルのものになりますw

それが、これ。

楽天とYahoo!ショッピングではヒットしますね。このものズバリはAmazonには今のところなさそうかな?

靴屋さんでかかとにこういうパットをつけて貰うことできるんですけど(これも基本取れません)、それと何ら遜色ないレベルの粘着力あります。

逆に言うと、基本付けたり剥がしたりはできないので、もうその靴の一部にしてはく覚悟が必要ですw 高い靴にはちょっと勇気がいるものになりますが。。

貼るときも慎重に!w ぐっと張り付けなければ、もう一回、とかは一応できますが。

もう一つ、それなりに厚みがありますので、本当にぴったりの靴につけるのはお勧めしません。

ただ、パカパカして履けない靴には本当にお助けアイテムです!

名前の通り、パカパカしないことで、かかとの靴擦れを防止してくれますしね!

 

スポンサーリンク

4. 微妙に当たるところが擦れて靴擦れ、、、それならワセリンを塗っとく。

パンプスは形状によって完璧に足にあうわけじゃないこともあり、ちょっと当たるところがあって、そこが歩くことで摩擦で擦れて皮がむけて激痛、、いわゆる靴擦れです。

こいつもなかなか手ごわい問題。

これやっちゃうとお風呂もしみて治るまでつらいしさぁw

アキゾラは、パンプスの甲のカーブの内側のところとか、足首の外側、くるぶしの下が当たって痛くなることが多いです。くるぶしがちょっと低い?のか、出っ張りが強いのか?

ストッキングなら痛くならないかもしれないんだけど、そこって次に紹介する浅履きフットカバーではカバーされない、靴と足が直に当たるところなんです。

ずっと当たってるという問題より、当たる上に、歩くことで微妙にズレて、これを繰り返し擦れたりするのが問題なんです。

これ、実は驚くほど簡単に、しかもほぼ確実に防止できます。

擦れそうなところに、あらかじめワセリンを多めに塗っておきます

靴と足どっちにも塗ると良いです。

これだけで、摩擦が防げて全く靴擦れしなくなりますよ。

ちなみに、ワセリンがない場合は、応急処置として、リップクリームでも一応役に立ちますよん。ワセリンほどじゃないのであくまで応急処置ですね。

 

5. ストッキングはイヤだ。それなら浅履きフットカバー

アキゾラはストッキング好きじゃありません。

あまりスカートはかないんで必要性も感じないというか。

マナーとかそう言うので必要なときは履きますけども。

パンプスの時には、浅履きのフットカバーが大変便利。

それも、履いていて脱げてこないやつ!これが重要です!!

ちなみにストッキング嫌だからって、素足で履くのはやめた方がよいですw はいw

臭いの元にもなるし、汗かいたりして前滑りや靴擦れの原因にもなります。

アキゾラは現在主にココピタの浅履きを使っています。

浅履きとはいえ、微妙に出ちゃうときもあるんだけど、しっかりした作りとほんとに脱げないところが合格ですw

ちょっとでも見えるの嫌、とか、かなり浅いパンプスを履く、なんて場合は、もっと浅いやつが、こちら。

こちらも、Amazonではそのものずばりはなさそうです。楽天かYahoo!ショッピングにはお店が出ています。

これはほんとにかなり浅いです、指の付け根が見えるくらいです。そしてこちらも全然脱げません。

ただ、ココピタに比べるとちょっと耐久性は劣るという印象ですね。

 

6.溝にはまってヒールに傷が・・・それならヒールプロテクターをはると吉

ピンヒールなんかだと、微妙な溝にはまったり、小さな段差とかでもヒール部分が当たってガリっとやってしまい、ヒール部分に傷がつく。。あるあるです。

これをある程度防ぐことができるのが、ヒール保護用の透明シールです。

これを張っていると、100%傷がつかないわけじゃないんですが、うっかり擦り傷とかは結構防げます。

大事な靴には貼っておきたいですね!そんなに目立たないです。

これエナメルとかのヒールには結構重宝するんですが、スエードとか、ヒール部分の素材によっては使えないので、注意です。

 

ふう、こんなところでしょうか。

こんだけ色々書いておいてあれなんですけど、ヒールって足にいいものじゃないんで、どんどんはこうよ!!!というお勧めは全然しませんw

ただ、履きたいのに履けないとか、履かないといけないとか、ちょっと工夫するだけで全然楽になるポイントってちょこちょこあるんで、そういうのの参考になれば幸いです。

ではでは!

お買い物
スポンサーリンク

twitterで更新情報配信中!それ以外でもぽつぽつ好きなことつぶやいたりします。

ランキング参加中です。よろしければクリックしてね^^
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村
この記事を書いた人
アキゾラ

30代 独身女子。
プログラマとして働きながら、主にインデックス投資による資産運用実践中。
趣味は筋トレ、特に尻トレをメインに筋トレtipsを研究、発信中。筋トレインストラクター資格保有。
資産運用のこと(主に状況報告)、筋トレや美容、たまにプログラマ関連のこと綴ってます。
気になったことや好きなことはとことん調べて勉強していくタイプですが、飽きるとそっぽ向きますw

アキゾラをフォローする
アキゾラをフォローする
筋トレしながら資産運用するアキゾラブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました