ファミペイとファミマTカード、ファミマで使うのは結局どっちがお得?

キャッシュレス
スポンサーリンク

暑さですでにぐったりしているアキゾラです。

さて、みなさまは、ファミリーマートのバーコード決済であるファミペイは使われていますか?

2019年7月より開始したファミペイですが、実際のところお得なのでしょうか?今まで、ファミマではファミマTカードで払うのがお得だったのですが、それと比較するとどうなのか?確認してみました。

基本的に、ファミマTカードを持っていて、それを使う場合前提の話になっています。

スポンサーリンク

ファミペイ開始に伴い、ファミマTカードの各種特典は終了

ファミペイが開始されたことで、ファミマTカードの特典は2019年7月で終了することになりました。

終了する主な特典は、ファミランク、カードの日(火曜、土曜)、レディースデー(水曜)、若者応援クレジットポイント、今お得の割引、などです。

アキゾラ的に、ファミランク、カードの日、レディースデーの終了はちょっと大きい・・。

これら、すべて特典がなくなりますので、ファミマでファミマTカードで支払いをしても、常に200円で1ポイント、となります。ややこしいですが、これはクレジットカードで支払いをした場合の、還元です。還元率としては0.5%ということになります。

そしてファミマTカードは、Tポイントカードの提示分(ショッピングポイント)も一緒にポイントが付きます。これは200円につき1ポイントなので、還元率0.5%。

そのため、ファミマTカードでクレジット決済をした場合は、合わせて200円につき2ポイントとなり、還元率としては1%となります。

スポンサーリンク

ファミペイを使うとどれだけお得?

それに対して、ファミペイで支払うとどうなるのか。

ファミペイは、ファミペイで支払いをすると、ファミペイボーナスというもので還元があります。

こちらは、200円で1円相当のボーナスがつきますので、還元率としては0.5%です。ファミリーマートでのサービス商材(Famiポート・収納代行等)の支払いでは、1件につき10円相当のボーナスが付与されるそうですが、一部対象外のものもあるとのこと。

0.5%、これが基本の還元率です。

さて、ここに、別途Tポイント提示を行うことで、今まで通り提示のTポイントが付きます。こちらは、先ほどファミマTカードでも見た通り、200円で1ポイント、還元率0.5%ですね。

ここまでで、合計1%相当となりました。

あれ、どっちも変わらない?と思ったあなた。

いえ、これだけではないのです。

あ、そんなにもったいぶる感じのものでもないんですが、ファミペイはファミマTカードからのクレジットチャージができるんですね。

現在のところ、クレジットチャージができるのはファミマTカードのみとなっています。

ということは、ファミマTカードのチャージでファミマTカード側にポイントが付くのか!と思うかもしれませんが、残念ながら

https://ftcard.pocketcard.co.jp/card/

「ファミマTカードでのFamiPayクレジットカードチャージ分は、Tポイント付与対象外です。」

残念です・・・。

しかし!実は、ファミペイ側でファミペイボーナスが付くのです!

https://faq.pocketcard.co.jp/faq/show/25372?category_id=535&site_domain=ft

「チャージ利用額に応じて、200円につき1円分のFamiPayボーナスを翌月に付与

ということで、200円につき1円、還元率0.5%です。

そのため、ファミペイでファミマTカードからクレジットチャージを行い支払いをする場合、還元率1.5%、ということになります。

ファミマTカード単体で使うより、0.5%お得ですね。

 

スポンサーリンク

ファミペイはクーポンとかもあるのでその分お得

ファミマTカードと合わせて使うと還元率1.5%、現金チャージだと1%(Tポイント提示分含む)となるんですが、これって正直そんなにめっちゃお得ってわけでもないなっていう状態の還元率。

しかし、ファミペイはアプリ内でクーポンとかファミペイを使うことで割引になる商品があったりします。これはこれまでのファミマTカード特典と同じような要領ですね。

そのため、そういった特典が全部なくなってしまったファミマTカード使いより、お得であることは間違いなさそうです。

スポンサーリンク

ファミマTカードで払えるもの、ファミペイで払えるもの

スマホ決済やクレジットカード決済では通常できないものが、決済できるのがファミマのファミペイ、ファミマTカード。

アキゾラがファミマTカードを使うのは、主にこういうものに使うためだったりするのですが、ファミペイとファミマTカードで違いがあるのか、代表的なもの(主に他ではスマホ決済できない、またはクレジット決済できないもの)を挙げてみました。

ファミマTカードファミペイ
タバコ
(ショッピングポイント無)
切手
(ショッピングポイント無)
ヤマト宅急便
代行収納〇(税金は不可)
(ショッピングポイント無)
〇(税金も可)
(ファミペイボーナス無)
金券、プリカ類
(ショッピングポイント無)

(物によってファミペイボーナス無)
Famiポート商材××

ファミマの公式に、めっちゃ詳しい一覧 買えるもの?買えないもの?早見表 (2019年7月)があるので、詳細知りたい方は見てみてください。

タバコや切手はファミマTカードだと、ショッピングポイントが付きませんが、ファミペイだとファミペイボーナスはつくようですね。

あとは、代行収納のところですかね。ファミマTカードでは、税金は払えませんでしたが、ファミペイは払えるようになっています。ここはnanacoやWAONを見習ったんでしょうか。ただ、一部出来ないものがあるとのことで、Webサイト上も、レジで確認してくださいみたいな書き方になっているので、詳細はやってみないとわからないという状況。

アキゾラはnp後払いで、カードの日にファミマTカードで払っているものがあるんですね。定期購入しているものなんですが。

カードの日がなくなってしまうので、ポイントの付与が減ってしまって悲しいです。

試していないので分からないのですが、これファミペイで払えるのかな?代行収納のくくりでいいんでしょうか、、よくわからない。。払えたとしても、ファミペイボーナスはつかなそうなので、カードで払ってもファミペイで払っても、最終的な還元率0.5%ってことになりそうです。

ちょっと微妙だなぁ・・・。

 

まとめ

まとめると、以下のようになります。

基本、ファミペイを使うほうがお得。

代行収納などで、もしかするとファミマTカードでしか払えなかったりするものが存在するかもしれませんが、ファミペイが使えるのであればファミペイを使ったほうがたいがいお得、と言えると思います。

ではでは!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました