インデックス投資で失敗しないために知っておきたいこと

資産運用
スポンサーリンク

こんにちは。アキゾラです。

比較的リスクの少ないインデックス投資ですが、それでもやっぱり失敗は怖いもの。

インデックス投資で失敗しないために知っておきたいこと、知っておくべきだと思うことを、アキゾラなりにまとめてみました。

スポンサーリンク

大前提は、投資先対象をきちんと知り、自分で納得できること

インデックス投資は長期運用すれば儲かるのか!というような簡単なノリで、適当な投資信託を選択するのは、やめたほうがいいです。

自分が投資している先が、長い目で見て成長していくことが見込めるのかどうか、信じられるのかどうか、自分できちんと考えるべきです。

そんなこと言いだしたら、自分は経済の事株の事全然わからないし、結構勉強しないといけない、、そう思われるかもしれないんですけど、そんなめっちゃ詳しく知る必要はないと思います。

でも、自分が何に投資しているのか、なぜそれに投資しているのかを全く考えずに、ただ周りに流されて積み立てている、みたいな状態だと、暴落が起きたときに一気に不安になります

これでいいのか、迷います。行く先が全く分からないので、恐ろしくなってきます。

そうすると、我慢できずに一気に売ってしまうかもしれません。

未来の予言は誰にもできませんので、これらの不安は多かれ少なかれ起こるんです。投資先のことを(自分なりに)理解していたとしても。

でも、例えば米国経済が暴落が起きてもその都度蘇って今現在も常に高値更新を続けている、ということを知っていて投資している人と、何も知らずに投資している人とでは、暴落が起きた時の行動に差が出るはずです。

知っていれば、今回も元に戻って回復できるんじゃないか、という推測ができます。どれくらいかかるかは分かりませんが、100年に一度の金融危機と言われたリーマンショックでさえ、10年程度で株価は回復し高値を更新してきた実績があります。今後も同じことが起きるのではないか、という期待はできます。絶対はありませんけどね。

でも何も知らないと、この下落がどこまで続くのか、もう二度と回復しないんじゃないか、と最悪の不安ばかりが膨らんで、やばい!と思って一気に売っちゃったりするかもしれません。

株価は常に上向きなわけではないのです。上下を繰り返しながら、ゆっくり上昇していくことを期待できる投資先を選ぶのが、インデックス投資に大切なことです。

この上下の動きに対して、投資先のことを知らないと、信用できていないと、一喜一憂してしまうんですね。一喜一憂くらいは、ある程度理解していてもするんですが、それだけじゃなくパニくっちゃうんですよね。

これ、アキゾラは株ではないですが、過去にFXで結構さんざんやりました。

為替の動きって読めなくて、ちょっとガッと動いて含み損とかになると、もう怖くて怖くて仕方ないんです。

早く損切りしないとこれはまずいんじゃないか、みたいな状態で恐怖心から損切りをして、常に損切り貧乏ですわw

なんでかっていうと、為替の事何も知らないでやってたからです。

ドル円は、日本人にもなじみがあって扱いやすい、みたいなこと言いますけど、ドルに少しなじみがあったって、何も勉強しないで、ドル円のレートの歴史に詳しかったり、今後の為替レートの動き予測できる人、います?w

投資先を知ろうって言っても、私たちは専門家じゃないですし、いっぱい勉強している専門家でも失敗する世界が株式の世界です。

なので、最低限抑えて、これならいけるんじゃないかな、と自分で納得できればいいんじゃないかとアキゾラは思っています。

最低限とは、アキゾラ的には過去の株価の動きとか、今後の予想される動きとか、ざっくりとでも知って、ここに投資しよう!と思えればいいんじゃないかと思います。

世界一の投資家、ウォーレン・バフェットさんだって、年単位でみて、マイナスの成績のことだってあるそうですよ、そう考えたら、私ら一般ピーポーが株価の予想なんか、確実に当てていくことはできませんよねw

でも、その投資している先がどんなものかは最低限知っておかないと、それは投資ではなくただのギャンブルだ、とアキゾラは思うのです。

結局、投資は自己責任なので、自分なりに理解して、自分なりに納得できていないと、ダメなんですよ。

あ、あと、投資先対象だけじゃなくて、そのファンドの手数料も気にかけましょう。信託報酬料は安いもの、が鉄則です。

 

スポンサーリンク

大前提を踏まえた上で、投資先を決めたら、コロコロ変えない

ちゃんと投資先を考えて自分で納得して決めたら、それをコロコロ変えないほうがいいです。

ここでいこう!と思っても、後々考えると、やっぱりこれじゃない、と思うことはあるかもしれません。本当にこれじゃない、と思う場合は、サクッと他のものに変えてしまえばいいと思います。

ただ、あっちの投資信託がどんどん上がっているな、あれがよさそうだ!みたいなノリで、短期でコロコロ投資先を変えるのは止めたほうがいいです。

特に、積み立ててたものを一気に売って、新しい投資先に一気に突っ込む、みたいなことを繰り返すのは止めたほうがいいと思う。

前述の通り、株価は上下しながら動きます。

上がっているものに目移りをしてそのたびに投資先を変えていると、結果高値掴みのような状況になり、損することになる可能性が出てきますね。

でも、自分で考えた結果、本当に投資先を変えたほうがいいと思ったら、変えるべきですよ。変更が出ないように最初によく考えて決めるのが一番ですが、その時の状況によって事情が変わるのもまた事実。

例えば、投資先が同じなんだけど、自分が買っているファンドよりもっと安い手数料のものがでた、とかも、乗り換えの検討に入る余地あると思います。

でも、今手数料下げ合戦みたいになっているので、そういうことが起きたら自分の投資しているファンドも、少しすれば下がる可能性も高いです。

この辺は、うまいこと見極めていく必要がありそうです。

 

スポンサーリンク

大前提を踏まえた上で、途中で積み立て投資をやめない

そして、大事なことは、積み立てをやめないことです。

投資先を決めて自分で納得したら、それを信じて積み立て続けること。

暴落が起き、これやばいかも、、と思ってそこでやめてしまったとします。でも、あなたの一度信じた投資先は、その先、力を振り絞って回復して蘇り、高値を更新するかもしれません。

少なくとも、米国株式では、過去35年間でこれはすべてYESです。

こちらもどうぞ→インデックス投資で投資先を米国株式にする理由

そうなったときに、ああやっぱりあそこでやめておかなければよかった、、と後悔することになるかもしれません。

この場合は、まぁおそらく大損するわけじゃないですけどね。ただ、インデックス投資を行えば資産が今の2倍くらいにはなっていたかもしれない可能性を、逃すことになるのです。

 

まとめ

インデックス投資で失敗しないために知っておきたいことは、以下の通りです。

  • 投資先対象をきちんと知り、自分で納得できること
  • 投資先を決めたら、コロコロ変えない
  • 途中で積立投資をやめない

インデックス投資は、個別株のように価格が上がったり下がったりで一喜一憂、みたいな、毎日株価をチェック!みたいな、投資をしている!という実感が少なく、なんならそんなにやることなくてw、つまらない、そして個別株のように大きなリターンが見込める投資法ではありません。

ただ、着実な利回り(年利平均4~5%程度)を少ないリスクで実現できる資産運用方法だと思っています。

少しでも何かみなさまの参考になれば嬉しいです。ではでは。


twitterで更新情報配信中!それ以外でもぽつぽつ好きなことつぶやいたりします。

ランキング参加中です。よろしければクリックしてね^^
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村
この記事を書いた人
アキゾラ

30代 独身女子。
プログラマとして働きながら、主にインデックス投資による資産運用実践中。
趣味は筋トレ、特に尻トレをメインに筋トレtipsを研究、発信中。筋トレインストラクター資格保有。
資産運用のこと(主に状況報告)、筋トレや美容、たまにプログラマ関連のこと綴ってます。
気になったことや好きなことはとことん調べて勉強していくタイプですが、飽きるとそっぽ向きますw

アキゾラをフォローする
資産運用 資産運用全般 資産運用方針
スポンサーリンク
アキゾラをフォローする
筋トレしながら資産運用するアキゾラブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました