インデックス投資を始めるのに読んでおくと良いおすすめの本は?

資産運用

読書のペースにだいぶムラのあるアキゾラです。

今日はアキゾラがお世話になった、投資(主にインデックス投資)を始めるのに役立つ本のご紹介です。

山崎元さんの、「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」です。

  

 

結構有名で知っている方も多いかもしれませんね。

これ読むだけで、投資って何?っていう状態の人、なんか投資怖い、という状態の人でも、どうやって資産運用すればいいのか、そして何をやったらいけないのかの大筋が分かります。投資、と言っても、大筋はインデックス投資です。

対象は、超初心者~だと思います。

私は、これを読んだときはすでにちょっと投資をかじっていたんですけど、それでも情報が分かりやすく整理されてて、読んでいて面白かったし、そうなのかーって初めて知るところもありました。

二人の会話のやり取りベースで進んでいくので、分かりやすいしあっという間に読み終わります、そういうボリュームの本です。

アキゾラは図解版を電子書籍で読んだのですが、図解版じゃないやつもあります、そっちは読んだことないんだけど、流れは一緒、、だと思う。

何をするべきか、何をしたらいけないのか、この二つが分かれば、もう勝ったも同然ですね!

何に勝ったのかは分かりませんが、これ、読んだことのない人は読んでみる価値ありかなって思います。インデックス投資するなら、読んでおいて損はないです。

ちなみに、電子書籍ってすごく便利ですよねー。これに関しては、やっぱ紙がいいんだ!という人もいると思うので、意見分かれるところかと思いますが。

アキゾラはKindleと楽天kobo使っています。みなさんはどっち派ですか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました