長期投資をするなら暴落は関係なし、目先の損益にとらわれちゃダメ

資産運用

こんにちは。アキゾラです。

いや~昨日だっけ一昨日だっけ、NYダウ800ドル安で今年最大の下げ幅?毎日起きたらうわぁああみたいなニュース出ててもう若干マヒし出している感じがありますがw

 

NYダウの下げ幅が今年最大だったけど・・・

ちょっと、NYダウの半年チャートを見てみましょう。

楽天証券より

がくっと下がっていますね。下がっているんだけど、今年の6月頭に比べると、まだそれより全然株価高いよね、と思ってたりします。だから安心?いやそういうわけじゃないんだなw

ちなみに、過去一年で見ると、、

楽天証券より

めっちゃ下がっているところが、去年の12月の暮れのところですね。日経平均もヤバい下がりましたねこの時。

ここに比べたらさ、大したことないなぁ~なんて思ったりするんだけど、逆にいうと、今って暴落といっても、実はまだ超クリティカルな暴落ではないんではないかと。

そこから考えても、まだまだちょっとわからないなぁというか、底打ちって感じではなさそうだなという気がしています。

まぁチャートの動きだけでなく、実際現状のところ、米中貿易問題とか何も解決していないから、その状況から考えても、底打ったなって思える感じではないですよね。

まだ乱高下しそうです。

で、目減りしていく資産を眺めてわあぁぁぁあああとなってしまう方もいるかもしれませんが、長期投資で米国株に投資しているのであれば、あまり関係ないかと思います。

 

株価下落時は、積立投信の買い付けにニヤリとすればいい

積立で投資信託を毎月一定額買い付けている方も多いかと思います。

アキゾラも、以下の投資信託を毎月それぞれ1万円ずつ買い付けています。

  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド (楽天VTI)
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

上二つは米国株、下は先進国株式ですが、中心は米国株のはずなので、もう米国株式に賭けている感じなんです。

投資信託は、積み立てでは大抵、一定額での買い付けをしていると思いますが、株価が下がっていると、同じ金額でたくさん買えるわけですね。長期で持つなら、安いときにいっぱい買えると、ニヤッとしてしまうわけです。

それは、将来的に価格が上がってプラスリターンとなるはずのものだからです。

ちょっと楽天VTIのチャートを見てみましょうか。

楽天証券より

下がってますね。当たり前ですがw

将来的にプラスになるはずのものっていうけど、本当にプラスになるのか?っていうのは非常に大きな問題だと思いますが、これがおそらくほぼプラスで問題ない理由が、以下二つです。

「毎月一定額を買い付けること」と「米国市場は右肩上がりであること」

毎月一定額を買い付けるというのは、高いときに買うこともあれば安いときに買うこともあります。それを繰り返すことで、平均取得価格が均され、高値掴みのリスクを抑えます。ドルコスト平均法です。

これを続けていくと、例えば20年後の価格が、現在の価格を下回っていたとしても、損をしているとは限らなくなります

試しに、楽天VTIを2019年7月30日から8月15日まで、毎日1000円を積み立てた場合と、7月30日に一括で12,000円分買い付けた場合の、8月15日現在での評価価格は以下のようになります。

グレーが12,000円を一括で7月30日に買った場合、オレンジが毎日1,000円を積み立てして12,000円分まで積みたてた場合です。

7月30日のほぼダウ最高値更新~今年最大の下げ幅下落の期間での比較ですので、どう頑張っても、どちらも評価損です。

でも、どちらも12,000円分が元金ですが、毎日積立だと11,864円が評価額、一括買いだと11,374円が評価額です。毎日積立をしていたほうが、評価損が少なく済んでいますよね。

ちょっとこれは12日間の、しかも毎日1,000円積み立てという短い期間&少額での結果なので大したことがないように見えますが、これが5年、10年と大きくなってくると、じわじわ効いてきます。

ドルコスト平均法は、高値掴みなどのリスクを抑えるために有効な方法です。これによって大きな利益がもたらされるわけではありません。

ただ、資産を減らさないようにリスクを回避しながら投資をすることはとても大切です。

大きな利益を当てるより、大きく減らさず、が大事だと思っています。

ドルコスト平均法により高値掴みのリスクはなくなっているわけですので、株価が下落している時はさらに今までよりも安く買えると思って淡々と(ニヤリとしながら)積み立てを行うべきだと思います。

そして、米国株式は右肩上がりで成長を続ける市場です。その中で株価の下落が発生するのはつきものです。

これについては以下の記事を参照してください↓

インデックス投資で投資先を米国株式にする理由

今現在の株価の評価損益に一喜一憂して、あれ、これやばい!と思って売ってしまう、これが一番やってはダメなことです。

こちらもどうぞ↓

インデックス投資で失敗しないために知っておきたいこと

相場が下落したとき、長期インデックス投資にとっては買い時とみる。

もちろん、株価気にはなります。分かります。

でも長期インデックス投資はあんまり毎日株価みなくてもいい、忘れているくらいでもちょうどいいと思います。

個別株やってる人、特に短期取引をする人は、見ないわけにはいかないと思いますけど。

なんか忙しくて忙殺されているときなんか、株価そっちのけで平気でいたりしませんか?w 平気でいるというよりも見る時間がないという感じかもしれないですけど、見てなければ、一喜一憂することもありませんよねー。

どうしても気になっちゃう人は、気分転換にお風呂にゆっくり浸かってキャンドルでも炊いて、リラックスしましょう^^

お風呂でキャンドルの明かりだけでリラックス~って大好きです。

実は数年ぶりに日焼け大失敗して、背中が赤くなっていたアキゾラですが、ようやく痛くなくなってきたのでお風呂にゆっくり浸かりたいなと思っていますw

昔はボディーボード、サーフィンしてたし、今でも毎年海水浴☆はしているんですけど、久しぶりにしっかり焼けてしまいました。。美容の大敵・・・ですね。。(でも言うほど気にしてないw)

愛用している美顔器(というか美容サポート器)で今日も地道に保湿ケアに励むアキゾラでした。(これ今度記事にしたいと思ってますw)

コメント

タイトルとURLをコピーしました