iシェアーズ コア米国高配当株ETF(HDV)の情報まとめ

海外ETF
スポンサーリンク

高配当株ETFの有名どころ3つ。

  • VYM
  • SPYD
  • HDV

これらのうち、HDVについて、情報をまとめました。

その他2つはこちらからどうぞ↓

 

スポンサーリンク

iシェアーズ コア米国高配当株ETF(HDV)とは

iシェアーズ コア米国高配当株ETF(HDV)とは、名前からも分かる通り、高配当ETFの一つです。

iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETFは、配当水準が比較的高位の米国株式で構成される指数と同等の投資成果を目指しています。

iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF
運用会社BLACKROCK ブラックロック
設定日2011年3月29日
ベンチマークモーニングスター配当
フォーカス指数
証券コード
ティッカーシンボル
HDV
取引所NYSE アーカ
経費率0.08%

設定日は2011年3月29日ということで、現時点で8年くらいたってますね。リーマンショック後設定のETFですね。

米国の有名、優良企業の株式に投資、財務状態が健全であり、配当金を支払っている企業の株式75銘柄で構成されています、とのこと。

財務状態が健全~配当金~いい響きですね。

経費率は現在0.08%。VYMは0.06%なので、それよりは少し高いですが、ETFですし、問題なく低い経費率です。

 

スポンサーリンク

HDVの構成銘柄リスト

構成銘柄数は75銘柄です。どのような銘柄で構成されているかというと。

HDVの資産構成

2020年9月30時点

iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF

コロナ暴落後、2020年6月時点で以前よりエネルギーの比率が少し低くなり、ヘルスケアと同じくらいになっていましたが、また少しヘルスケアの比率が多くなったようですね。

エネルギー比率が高いのは変わらず特徴かなと思います。

ヘルスケア、エネルギー、通信が上位となっています。(2020年9月現在)

セクターの種類、比率はVYM、SPYDどちらとも違いますので、投資先がかぶるってことはなさそうです。3つ所有することで、リスク分散が広くなるイメージかなと。

ちなみに、以下が過去の構成比率です。構成の移り変わりが何となく見えてくるかと思いますので、ご参考に。

2020年6月時点

iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF

 

↓2020年3月時点

iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF

↓2019年8月時点

iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF

 

HDVの保有銘柄TOP

保有銘柄は以下の通りです。

2020年9月30日時点

iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF

上位はAT&T INC、EXXON MOBIL CORP、JOHNSON & JOHNSONと、概ね変わってません。

ETFは中身の組み換えがありますので、今後変わっていく可能性は大いにありますね。

過去の保有銘柄TOP一覧は以下になります。

2020年6月時点

iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF

↓2020年3月時点

iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF

↓2019年10月時点

iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF

 

スポンサーリンク

HDVのパフォーマンスは?

設立以来の基準通貨1万単位のパフォーマンスは以下の通りです。

iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF

これまで、上下ありつつの順調に上がっていますね。

コロナショックで大きく下落しましたが、こうしてみると早い段階でかなり回復しています。

HDVが強いというか、米国株式がコロナ後回復が目覚ましいところがあるためだと思いますが。

正直まだ気が抜けない状態だと思ってますが、HDVはリーマンショックを経験していないETFだったので、暴落時のどのように動くかという目安がなかったのですが、これである程度動きが見えたのはよかったかと思います。

暴落も、理由によってその後の動きって変わるのであくまで一つの参考ですけどね汗。

完全に暴落前の水準に戻すには少し時間がかかるのかもしれません。

注意として、このパフォーマンスは、配当金を再投資したと仮定した場合のパフォーマンスということです。複利で回した場合ってことですね。

チャート推移では以下です。

https://www.rakuten-sec.co.jp/より

青いのがHDV、参考に赤いのがS&P500指数です。

S&P500の動きに比べると穏やかですが、それでも右肩上がりですね。

2012年ごろはS&P500よりいい感じすね、ただ2016年から傾きはS&P500より緩やかになっています。

高配当ETFですので、そこまで株価があるわけではないと思いますが、それでも緩やかに右肩上がりなのはいいところです。

S&P500のパフォーマンスには及びませんが、コロナショック後もそれなりに回復してはいますが、まだこの先どう動くか、といったところはありますね。

 

スポンサーリンク

HDVの配当と配当利回り

HDVの配当は、年4回(3月/6月/9月/12月)です。ここは、VYMやSPYDと一緒です。

2020年10月2日時点の情報で、利回り約5.31 %。コロナショックもあると思いますが、利回りは上がっています。

通常3~4%くらいといったところを推移しているようです。

 

今後も継続して追加購入していきたいETF

基本的には、インカムゲイン目的ではありますが、HDVに限らずですが、米国ETFは比較的キャピタルゲインも狙える可能性があるのがいいところじゃないかと思っています。

米国ETFはアキゾラの資産運用の軸の一つでありますので、今後も継続して買い付けていきたいと思っています。

 

海外ETF 海外ETFヒント 資産運用
スポンサーリンク

twitterで更新情報配信中!それ以外でもぽつぽつ好きなことつぶやいたりします。

ランキング参加中です。よろしければクリックしてね^^
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村
この記事を書いた人
アキゾラ

30代 独身女子。
プログラマとして働きながら、主にインデックス投資による資産運用実践中。
趣味は筋トレ、特に尻トレをメインに筋トレtipsを研究、発信中。筋トレインストラクター資格保有。
資産運用のこと(主に状況報告)、筋トレや美容、たまにプログラマ関連のこと綴ってます。
気になったことや好きなことはとことん調べて勉強していくタイプですが、飽きるとそっぽ向きますw

アキゾラをフォローする
アキゾラをフォローする
筋トレしながら資産運用するアキゾラブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました