【雑談】日本人のBBQとアメリカ人のBBQの違いは結構でかいという話

雑記全般
スポンサーリンク

こんにちは。アキゾラです。

夏になるとバーベキューしよう!みたいな話が出たりしますね。

このBBQですが、私たち日本人が思い浮かべるバーベキューと、本場?アメリカのBBQって結構違ったりします。

アキゾラはアメリカ人のパートナーと暮らしているため、家でバーベキューをすることがありますが、ほんと全然違うよなぁ・・・と思います。

今日はそんなBBQについての日米の違いを雑談で。

えー?アメリカって一言で言ってもそうじゃないよ?というとこともあるかもしれませんが、あくまでアキゾラの相方及び周りのアメリカ人がやっているBBQを見て思う違いについて書いてみます。

スポンサーリンク

アメリカ人にとってBBQはとても身近なもの

私たち日本人はBBQしようっていうと、なんかちょっと特別なイベントみたいな、そんな意識があることが多いと思います。

みんなで集まってバーベキュー場とか河川敷とかバーベキューできるところに行って食材をみんなでも持ち寄って、ワクワクする特別なイベントみたいな感じです。

キャンプとかの一部みたいなイメージも強いですね。

庭があるお家とかご家族のいるお家では、家でBBQをすることもあるかもしれませんが、マンション暮らしだとなかなか難しいですよねぇ。

BBQ用のグリルセットというんですか、これを持っている人というのはアウトドア好きな人とかそういうイメージです。

イメージはほんとにキャンプやる人、アウトドア好きな一家のお父さんw

ところが、アメリカではBBQはもっと身近なもの。

アキゾラの肌感では、一家に必ず1台BBQのグリル?コンロ?があるイメージです。

独身者でも普通に持っていて、BBQしています。

アメリカ人にとっても、ある程度特別で楽しいものみたいな意識はあると思うのですが、そんな意気込んでBBQするわけじゃなくて、普通に調理方法の一つにそれがあるという感じがします。←ホントに身近だと言いたいw

もちろん特別に意気込んでやる人もいるんだろうが、、、うちにいるアメリカ人は、肉を焼くならBBQの方がよくね?みたいなノリでBBQという感じがします。

ホームパーティをするお家も最近では日本も増えてきているような印象がありますが、その一環なのかな、友達を家に呼んでBBQ、とかも一般的なイメージですね。

 

スポンサーリンク

日本のBBQは基本イメージ「外で焼き肉」、アメリカのBBQはそうじゃない

少し前、私の友達の子供が、うちに来た時に庭先に放置されている(←放置w)BBQのグリルセットを見て、バーベキューしたい!と言ったので、うちでBBQすることにしました。

この時、その子(および私の友達も)のイメージはおそらくですが、肉や野菜を持ち寄って、そのグリルを囲んで焼いて、焼けたら食べて、また追加して、のいわゆる「外で焼き肉」スタイルだったと思います。

家であのグリルを使えるのは相方だけなので、うちでやるBBQは自然とアメリカ式のBBQになるわけですが、アキゾラも最初、アメリカ人のBBQに参加したときに、なんか思ってたBBQと違う、、と思ったのをふと思い出し、ああ、一応言っとかなきゃ!と前日に連絡しました。

アキゾラ「あの、野菜とか肉とか全部こっちで用意するからいらないよ」

友達「あ、それ連絡しようと思ってた~そうなの?じゃあなんかお菓子とか持っていくねw」

アキゾラ「あと、外でグリル囲って食べるっていうイベントも発生しないから、虫よけスプレーとかもいらないよ、念のため・・」

友達「え??」(じゃあなにするんだ)

はい、アメリカのBBQは、基本的には「外で焼き肉」スタイルではありません。

何かそういうのは、少し調べたらKorean BBQといって、別物のようですね?

アメリカのBBQは、大きな肉の塊を低温でじっくり焼くとか、スモークするとかそういうのが多かったりします。野菜なんかも最初に一気に全部焼いてしまいます。

焼きあがったら、BBQグリルはもう不要で、その後にみんなで食べます。

そのため、BBQグリルで焼きながら食べるというイベントはあまり発生しません。

スモークとかだと数時間かかることもありますので、家でやるときは外にいても、、、ねぇw

うちでBBQするときは、肉焼いて、家の中でまったりし、肉の調理し終えたらざっと野菜を焼いて、家の中に持ってきてテーブルで食べます。

野菜については、アキゾラが食べやすいように鉄板焼きみたいにカットしちゃうので、それはフライパンで焼けば?とBBQグリル拒否されることもww

もちろん外でみんなで待って、外でテーブル囲んで食べるってのも全然あるとは思うんですが、夏場は暑いし虫に刺されるし、外で待機する理由が特にないので、うちはこんな感じ

アキゾラがこれまで参加したものも、数は少ないですけど基本は家の中にいて外で焼いてくれてるみたいなのが多かったです。

あくまでアキゾラのイメージですが、多分BBQにもレベルありで、外でワイワイやろうっていうのは結構気合入ったBBQとか大人数でのBBQなのかなという感じ。

この時は、相方がジューシーなハンバーガーを作りました。

これも多分友達家族にはちと衝撃だったのではないかと。

ハンバーガーのパティわざわざBBQグリルで焼く?!っていう感じあったかもしれない。でもこれ割と普通です。

まさに、アメリカでは肉を焼くための調理方法の一つ、という感じでBBQという言葉を使っていると思います。

外で肉を焼くって行為が、だいたい全部BBQなんですね。

あ、ちなみにこれもイメージですがBBQは男性がせっせと肉を焼く感じです。

うちではBBQグリルセットの管理は、全て相方任せです。

うちの相方は料理ほとんどしないですが、BBQだけは炭とか用意して、自発的に動きます

このあたりから、アメリカ人にとってBBQがどれだけ身近なものなのかが分かりますw

 

ということで、ちょっとこのBBQ会は申し訳なかったんですよねー。特別感がなくて。

てかBBQするって言われてハンバーガー出てくると思ってないだろう・・ちと申し訳ない。

BBQ、外で焼いているのは相方で、うちらは家の中にいて、肉(ハンバーガー)以外はアキゾラの手料理をふるまった、ただのホームパーティでしたw

まぁ焼くのを外で見ててもよかったんだけど、多分相方的には「そこでぼーっと何してるの?なんか楽しいの?」ですw

BBQしようっていった時に、アメリカ人の相方は、日本人がそんな特別なイベント感持ってると思ってないので、微妙なズレがでるですよね。

気合いの入ったBBQ、じゃなくてほんと気軽なBBQっていう感じでBBQだったわけです。

 

スポンサーリンク

日本とアメリカのBBQは、使うグリルもちょっと違う

グリルについても、ちょっと形状というか、使い方が違うかなーという印象です。

結局焼肉かそうじゃないかの違いが大きいんだと思いますが、アメリカのBBQではBBQコンロを囲んでみんながワイワイやって取って食べる、ということはなく、大きな肉の塊をどん!と調理し蓋をして調理し終わるのを待つ、みたいなのがおおよそのスタンダード。

そのため、必ず蓋が付いていて、蓋を使う調理法も多い印象です。

うちにあるのはこれ。

ちなみに2台目です。別にアメリカじゃなく普通にHomesで買ったものですがww

このタイプ、日本でも売っているんでこういうのを使っている方ももちろんいると思いますが、その場合蓋、有効活用されてますか?

こちら↑がおそらくアキゾラんちにあるのと同じもの(もしかするとモデル違いかも)ですが、レビューを見ると、大きな肉の塊をスモークされて使われている方も多いですが、ちょこちょこ、「網目がでかいので肉が落ちそう」「細かい網目を上にのせてる」という感じの感想もあります。

これは日本式のバーベキューですね。焼肉っぽい肉や野菜を焼くことを前提にしてます。

日本式のバーベキューで重宝するのはどっちかというと、蓋のないタイプ、以下みたいなのじゃないでしょうか。

アキゾラが友達と自主的にBBQした記憶をたどると、バーベキューセットを一式届けてくれる業者を利用してどこかの公園でやったときですが、まさにグリルはこんな感じでした。

両商品、網目の粗さに大きな違いがあるのが分かります。

前述の通り、ハンバーガーのパティとかもこのBBQグリルで焼きます(もちろん毎回じゃないですけど)が、基本肉(の塊)はでかので、網目の細かいやつは基本は必要ありません。

うちじゃステーキもやってますが、これは実は相方も初めて挑戦w 普通ステーキはBBQするものではないっぽいw

ステーキはフライパンでバターの海で、そのバターをスプーンですくって上にかけながらニンニクとハーブで焼くみたいなのがデフォルトの焼き方ですね。

でもBBQグリルで焼くと余分な脂が落ちてこれはこれでアリって感じはしますw

アキゾラも相方も、焼肉も大好きなので、家で焼肉もしますが、卓上グリルを使って家の中で行います。

いやそのBBQグリルで細かい網敷いて、外で焼き肉すればいいじゃん!!!と思うかもしれませんが、相方が「外で暑い中、虫刺されに気を使って食事をする」というのは好きじゃないので、やらないんですw

アキゾラはやりたいですけどねー虫よけスプレーすればいいし、家の中に臭いつかないし・・・!

 

スポンサーリンク

アメリカでもアパートメントに住んでいる場合は?

アメリカっていうと、庭付きの大きな家を持っているイメージの方が強いですが、アパートメントのような、集合住宅だってもちろんあります。

この場合、BBQってどうしているんだろうなと思い、NYC出身の友達に聞いてみたところ、NYCではアパートメントに住んでいる場合は、アパートメントではあんまりBBQしない、ということでした。

やっぱり、BBQはお家持っている友達の家でやることが多いそうです。

ここは日本と同じような感じなんですかね。

もしかして大きなバルコニーとかあったらできるのかもしれませんが、やっぱり集合住宅では煙とかの問題なんかがあるかもしれませんね。

 

まとめ

生活の中にBBQが溶け込んでいるアメリカ人にとってBBQは、肉を焼く方法の一つ、日本人にとってはBBQというイベント。

持ち家の庭で肉を焼く、というアメリカ人と、BBQに行く、ということの多い日本人。

この辺が微妙にBBQの違いにつながりそうですね。

アメリカ人のBBQしよう、で、焼き肉スタイルを期待するとあれ?っと肩透かしを食らうかもしません。

いやでも、本当にBBQグリルで焼いたほうが、お肉も野菜も全然おいしいですよね!ほんとにおいしいんですよ!

焼肉が卓上プレートより炭火焼きのがおいしいのと同じですわなw

BBQを身近に楽しめるアメリカの環境、ちょっと羨ましいです!!

ではでは!

 

雑記全般
スポンサーリンク

twitterで更新情報配信中!それ以外でもぽつぽつ好きなことつぶやいたりします。

ランキング参加中です。よろしければクリックしてね^^
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村
この記事を書いた人
アキゾラ

30代 独身女子。
プログラマとして働きながら、主にインデックス投資による資産運用実践中。
趣味は筋トレ、特に尻トレをメインに筋トレtipsを研究、発信中。筋トレインストラクター資格保有。
資産運用のこと(主に状況報告)、筋トレや美容、たまにプログラマ関連のこと綴ってます。
気になったことや好きなことはとことん調べて勉強していくタイプですが、飽きるとそっぽ向きますw

アキゾラをフォローする
アキゾラをフォローする
筋トレしながら資産運用するアキゾラブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました