ヴィーナスのえくぼを作る筋トレ!セクシーな後ろ姿を作ろう!

筋トレ
スポンサーリンク

こんにちは。アキゾラです。

みなさま、「ヴィーナスのえくぼ」ありますか?

海外では、美しさとセクシーさの象徴と言われていたりするヴィーナスのえくぼ。

遺伝的な要素が多いと言われているヴィーナスのえくぼですが、筋トレをすることでヴィーナスのえくぼができる可能性も大いにあります!

今日はそんなヴィーナスのえくぼを作るために有効な筋トレをご紹介します。

スポンサーリンク

ヴィーナスのえくぼについての基礎知識

ヴィーナスのえくぼの作る筋トレの前に、そもそもヴィーナスのえくぼって何なのか、どうしてできるのかについて。

これを理解しておくと、なぜその筋トレするのかもすんなり入ってきますので、是非お付き合いください。

ヴィーナスのえくぼとはズバリ何?

ヴィーナスのえくぼは、お尻の上、腰のあたりにある左右二つのくぼみです。

名前の由来としては、ローマ神話の美の女神であるウェヌスからきていることもあり、海外では美しさやセクシーさの象徴のようにとらえられています。

英語ではvenus dimplesとか、back dimplesとか言います。

男性でももちろん持っている人はいまして、その場合はアポロのえくぼと言われたりするようです。

ただ、割合で言うと女性の方がこのへこみを持っている人が多い、という調査結果があったりします。

ヴィーナスのえくぼのへこみのある正確な位置は、仙骨と腸骨の関節である仙腸関節上です。

見た目でいうと、腰と臀部の境目あたりになりますね。

ヴィーナスのえくぼと言われるこのへこみは、ちょっと難しい話ですが、後部上腸骨棘と皮膚の間で伸びる短い靭帯(クーパー靭帯)によって作成されており、このへこみは遺伝的なものが強いと考えられています。

 

なぜヴィーナスのえくぼができるのか?

遺伝

ヴィーナスのえくぼといわれる2つのへこみができる要因として大きなものは、遺伝的なものと考えられています。

つまり、持ってる人は持ってるし、持ってない人は持ってないという、ちょっと身もふたもない話ですね。

腰回りの脂肪が少ない

ヴィーナスのえくぼは、腰回りの脂肪が少ない人の方が出やすい傾向にあります。

やっぱり、遺伝的にこのくぼみがあるポテンシャルがあっても、この部分に脂肪がしっかり乗っていると、隠れてしまいます。

 

周辺の筋肉が発達している

ヴィーナスのえくぼといわれるへこみの部分には、筋肉がありません。

ヴィーナスのえくぼがある人ならそこを触ると分かるのですが、ここはすぐ骨、まさに仙腸関節上です。

そのため、その周りの筋肉が発達していると、その分そこが凹んで見える、という訳です。

具体的にいうと、脊柱起立筋と大臀筋がこのあたりにある筋肉です。

脊柱起立筋は、ヴィーナスのえくぼの2つのへこみの内側部分、大臀筋は、へこみの下の部分に位置する筋肉です。

遺伝的な要素が大きいと言われているヴィーナスのえくぼですが、モデルさんだったり、スポーツ選手だったりでヴィーナスのえくぼを持っている方も多く、この辺が単純な遺伝だけでなく、適切なダイエットや筋トレを頑張ることで後からヴィーナスのえくぼができるかもしれない!と考えられている理由です。

 

スポンサーリンク

ヴィーナスのえくぼを作る筋トレ

では、早速ヴィーナスのえくぼを作る筋トレを見ていきます。

脊柱起立筋と大臀筋(特に上部)を鍛える筋トレ中心になります!

バックエクステンション

一つ目は、脊柱起立筋、そして大臀筋両方を鍛える筋トレである、バックエクステンション

うつぶせになって、上半身および脚を一緒に上にあげ、少しそのままで停止し、ゆっくり戻る。

バックエクステンションは、上半身をまっすぐ上にあげるようなイメージで行うのが大事。

腰を思いっきり反る必要がありません。腰反らしすぎると、腰を痛めるので注意です。

背筋もきついですが、大臀筋部分も結構効いてきますよ。

目安としては10回3セットで、簡単にできるようになったら、回数やセット数を無理増やすのではなく、体を上にあげて少し停止する時間を伸ばしてあげると良いです。

 

グルートブリッジ(ヒップブリッジ)

次はグルートブリッジ

メインは大臀筋を鍛える筋トレですが、大臀筋だけでなく、脊柱起立筋も鍛えることができます

仰向けで膝を立て、足の位置は遠すぎず近すぎない、お尻を上げやすい位置に置きます。

腰をそらずに、腰部分が床につくニュートラルポジションにして、腰、背中をまっすぐにした状態のまま、お尻をあげて、そのままゆっくり下ろす。

お尻を上にあげたら、そこでギュッとお尻を収縮させましょう。

10回3セットを目安に、フォームに気を付けながら丁寧に行いましょう。

慣れてきたら、お尻を上にあげたらギュッとして一時停止。この時間を長めにとっていくと負荷があがりますよ。

グルートブリッジは、ベンチ等を使って行うヒップスラストでもOKです。どちらも大臀筋上部に効きます。

 

バードドッグ

バードドッグは脊柱起立筋や多裂筋、体幹部分を鍛えることのできる筋トレ

腰痛にも良かったりします。

四つん這いの状態で、左右対称の手と足を前に伸ばします。

伸ばした手から、背中、腰、伸ばした脚は一直線になるようにします。

手をあげすぎるとか、脚をあげすぎる、腰をそるなどしないように気を付けて、ゆっくり行いましょう。

できる時間で構わないので、徐々に手足を上げる時間を伸ばしていくと良いです。左右3セットからやってみましょう。

 

スポンサーリンク

アキゾラは筋トレでヴィーナスのえくぼできました

アキゾラは、筋トレでヴィーナスのえくぼが出現しました。

出現したというか、昔の写真(2017年頃の筋トレ開始時)見てみたんですが、若干それっぽいものが元々あったようにも見えます。

でも、最近になってあれ何で凹んでんのココ?ってはっきり気づいた感じなので、筋トレすることでこのくぼみが強調されたのは事実です。

個人的に、これだろう!と思う筋トレが、まさに前述の3つ、バックエクステンション、グルートブリッジ(アキゾラはヒップスラスト)、バードドッグです。

それ以外にも、尻トレ中心に行っているので、大臀筋メインの筋トレは色々やっていますけどね。

背筋、特に脊柱起立筋の筋トレは、バックエクステンションを長くやってます。

デッドリフトもするけど、バックエクステンション歴の方が長いから。

まぁデッドリフトも、脊柱起立筋と大臀筋にアプローチするものなので、結構いいかもしれない、とは思っています。

 

スポンサーリンク

まとめ

ヴィーナスのえくぼを作る筋トレ!セクシーな後ろ姿を作ろう!でした。

ヴィーナスのえくぼと言われる腰のところ、お尻の上にある2つのへこみは、遺伝的な要素が強いですが、筋トレでつくることも不可能じゃありません。

セクシーな後ろ姿を手に入れたい人は、筋トレでヴィーナスのえくぼ、挑戦してみてはいかがでしょうか?

ではでは!

筋トレ 美容
スポンサーリンク

twitterで更新情報配信中!それ以外でもぽつぽつ好きなことつぶやいたりします。

ランキング参加中です。よろしければクリックしてね^^
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村
この記事を書いた人
アキゾラ

30代 独身女子。
プログラマとして働きながら、主にインデックス投資による資産運用実践中。
趣味は筋トレ、特に尻トレをメインに筋トレtipsを研究、発信中。筋トレインストラクター資格保有。
資産運用のこと(主に状況報告)、筋トレや美容、たまにプログラマ関連のこと綴ってます。
気になったことや好きなことはとことん調べて勉強していくタイプですが、飽きるとそっぽ向きますw

アキゾラをフォローする
アキゾラをフォローする
筋トレしながら資産運用するアキゾラブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました