【暴落】新型コロナウイルスのインパクトはいつまで続くか?

資産運用全般
スポンサーリンク

新型コロナウイルス収束の見通しが立たず、株式市場は下落相場に見舞われています。

収束の見通しが立たないというか、まだまだピークがどこなのかも見えない感じで、どこまで拡大していくのか、ゴールが見えない戦いのようになってきている感じですね。。

以下、例のごとくアキゾラの独断と偏見ですが、新型コロナウイルスのインパクトがいつまで続くのか?を考えてみました。

 

スポンサーリンク

まず株式指標の状況は

簡単に、2月26日時点でNYダウとS&P500がどの程度下落したのか見てみます。

NYダウの状況

かなりきれいにすとんと落ちてますね。。

ちなみに、現在の株価は、直近だと昨年の10月28日あたりが近いです。

米国株は昨年10月あたりから上昇相場が続いていたのですが、ここまで一気に落ちると、ちょっと焦りますねー。

下がり幅は、一日で1,000ドル程度おちましたので、昨年の8月ごろの暴落よりもひどいです。

S&P500の状況

S&P500もひどいものです。

現在の株価は直近だと昨年の12月10頃が近そうでした。

少し前に、レバレッジETF( SPXL)についてのポストを書きましたが、この中で1日10%の上げ下げというかなり無謀な例を挙げましたが、ここ2日で6%くらいは下がったかな。

日経平均の状況

日経平均普段あんまり見ないんだけどw、こんな感じでした。

日本株式は、ちょいちょいがくんと落ちることあるんですけど、今回の下落はさすがにちょっと持ち株に響いてます・・・。

久々に含み損に落ちていった保有株・・・ああ。

 

スポンサーリンク

米国株式への影響、なんか突然吹いた感

新型コロナウイルス自体の世間的な心配というのは、少なくとも1月終わりごろから日本をはじめ世界で本格的に気にされ出したと思っています。

ただ、これがまだこのころは株価にほとんど反映されていなかったですね。

正直、この状況でここまであがる?感染症などの問題って株価には全然影響なさそうだなー・・?みたいな、ちょっとふわったとした感覚ありました。

特に、最高値更新等していた米国株式は、やはり日本よりも楽観視されていたところがあるような気がします。

いや、こういうの織り込んでこれなのか?と思っていたら、今となっては、やっぱり全く楽観視してたなー、という感じです。

アメリカはかなり早い段階で中国からの入国禁止を決めましたし、現在でも感染者数自体はそこまで大きくなっていない状況です。(日本に比べたら・・ねぇ・・・)

ただ世界的に感染者数が減る気配がないどころか増え方が右肩上がりのような状況なので、さすがにこれはヤバい、という感じで一気に崩れたような感じがしています。

アメリカは今季インフルエンザによる死者が新型コロナウイルスよりも大変深刻な状況のようですが、一部でこれって本当にインフルだったの?という見方があるようで・・。

また、アメリカの感染症対策の総合研究所、CDC(アメリカ疾病管理予防センター )は、「 インフルエンザの疑いのある患者から集めた検体を調べたところ、実際にはインフルエンザではなかったというものも多く紛れていた 」と発表したというニュースが出ています。

インフルと思いきや新型コロナ?米の医療事情ネック

おそらく、圧倒的に本当にインフルエンザなのだと思いますが、この中に別の病気、例えば新型コロナウイルスが紛れていないとも言い切れない状況のようですね。。

こういった状況から、新型コロナウイルスの脅威が一気にリアルなものとなってきて、その不安感が株価にあらわれたように思います。

 

スポンサーリンク

この下落相場はいつまで続くのか?

これは、ずばり、この新型コロナウイルスの収束の見通しがつくまで、ではないかと思います。

インフルエンザの方が死者数が多いのに、新型コロナウイルスがここまで大きな問題となるのは、やはり未知のウイルスだからでしょう。

・感染力、致死率がはっきり分からない(今データが集まっていくところ)

・治療法が確立していない(インフルは薬あり)

やはり、治療法が確立していない部分が大きいと思います。感染拡大が続く中でも、治療法があればはやく収束させる方向に動かせるはず。

治ったと思ったのに再度陽性?(もしくは治ったのに再感染?)というニュースも中国だけでなく、日本でも出ていますね。ちょっと心配です。

そうは言っても結局肺炎でしょ?、とか、インフルエンザとそう変わらないとか、楽観的(かどうか分かりませんが)な見方もあるようですが、それは実はまだ分からない。

本当に大したことがないということが分かっているのであれば、中国の行った大都市武漢の封鎖、各国の渡航規制など、やりすぎですよね。

国レベルとなれば、情報は、我々なんかよりもたくさん持っているはずです。

もちろん、心配のし過ぎだった、大したことなかっただったらそれでいいので、むしろそうであってほしいのですが、アキゾラ個人的には、今の段階では楽観的にとらえることはしない方がいいんじゃないかなと思っています。

ちょっと話それましたが、こういった先の見えない不安感からの暴落なので、先が見通せるまでは、基本的には下げ相場、まぁ底なし沼じゃないので底はあると思うんですけど、そのあたりではっきりしない不安定な相場が続くんじゃないかと思っています。

で、その底なんですけど、これは実はもうそんなに遠くないんじゃないかななんて、このあたりじゃないかなーなんて、ここで若干楽観視してるんですけど、こればっかりは分かりませんw

あ、もちろんですが、収束の見通しがつけば、ちゃんと戻ると思いますよ。不安の種がなくなれば、株価はいずれ戻り、また上がっていくはずです。

これは過去の歴史が証明しているので、今回だって同じだと考えるのはそう突飛な考えではありません。

なので、焦って売るのは一番なしね。少なくとも、長期で見るのであれば、今の状況で売る必要ないです。

 

スポンサーリンク

で、今は買い場なのか?

個人的には、少し様子見をした方がいいような気がします。

長期投資前提ですので、実はそこまでこの暴落を気にしなくていいとも思いますし、このあたりでいつも通り、もしくはちょっと多め、みたいな感じで買うのは全然ありかなと思うんですけど、ドカッとまとめては、まだ微妙かなぁ。

落ちるナイフ状態のときは、眺めていたほうがいいかと。

収束の見通しのニュースが出るまでは、落ちていってヨコヨコで動くところあると思うんで、そこで冷静に行動したほうが懐が痛まず、精神衛生上もよいのではないかと。

そんなすぐ収束のニュース出そうにないしねぇ。出てほしいけど。

少なくともここ1週間くらいは、眺めてても損はないと思います。

あ、あくまでアキゾラ目線ですw 盛大に外してもあしからずw

ということで、現在は資産溶けまくりですが、あまり気にせずいくつもりです。

長期投資は、基本的に暴落とか関係なく、どしっと構えておいて問題ありません。

こちらもどうぞ。

ではでは!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました